検索
  • tomomi

祝・誕生!!


今年最後の大イベント

バースセレブレーションが、またまた感動と歓喜とともに幕を閉じました~♪♪

私自身、このイベントに参加するのがこれで4回目(笑)オーガナイズは2回目でした。

プログラムの中にバースサークルをつくる場面があるのですが、前回はそこで私がヴェーディックチャンティングを唱えるという時間を創りました。そして、今回は、やはりひとりひとり全員が自分の声を響かせてほしいという思いがあり、「あわうた」をみんなで歌うという試みにチャレンジしました。というかチャレンジしていただきました。ファシリテーターのイーシャよ、どうもありがとうございました。

これがもう最高の至福タイムで、十月十日(トツキトオカ)ほどそこに寝ていたいと思えるほどでしたのよー。バースサークルは(写真はアップルサークルね)、みんなで輪になり手を繋ぎその真ん中にひとりずつ横になるんです。子宮の中に入るというイメージ。

そこでの体験というのは、もうひとりひとりそれぞれですし、私も何度か経験していますが毎回その体験は違います。実際に自分が子宮の中にいた時の事を思い出すという体験もあるでしょうし、その感覚をただただ感じるという経験もあるかも知れません。

その体験もそれぞれにとって必要な事が起こるのだと思います。

私は今回、本当に心地よくただただ至福の時を味わいました。

「あわうた」には創造のヴァイブレーションが秘められています。

「あ」が天、「わ」が地、その天地を繋ぐのが「人」です。私たちひとりひとりが自分自身の魂と繋がりハートと繋がりそれをありのまま表現できるとき、人は天地を繋ぐ柱となるのです。つまりあわうたにはその天地人創造のすべてのヴァイブレーションが秘められており、実はこれ日本語の48音なんですよね。ひふみ祝詞、カタカムナ5首6首、も順序は違いますが同じ48音です。(ここでは長くなるのでひふみ祝詞やカタカムナについては書きません。)日本語って実はものすごくパワフルなんです。


私たちのプラーナ(気)の内、最もピュアでパワフルなプラーナが、生命の誕生のエナジーとして生殖器に集まると、ヨーガでは伝えられています。私たちの根源に存在する本能である生存本能。命を繋ぐ為に使われる創造のエナジーです。だからこそ生命の誕生は深い愛であり、喜び、逆に死は深い恐怖心として私たちの潜在意識に根差しています。


つまり創造のエナジーを誰しもが持っていて、それを使う事ができます。

今回はこの誰しもが持つ創造のエナジーを呼び覚ますという意図とともに、このあわうたの響きを皆さんにも体感していただきました。

このエネルギーを呼び覚ますには、自分自身の声を使ってその音を響かせるという事がなにより大切なんです。ヨーガでマントラを重視するのはそのためですし、日本人が大切な事を歌に込めているのもそのためです。


どんな宗教や儀式にも歌や読経があります。歌を唄わない文化は世界中どこを探しても存在しないそうです。


私たちは声を出すことで最も早くヴァイブレーションを変容させることができるんですよね。声を出せない人はどうするのか?という疑問が聞こえてきましたが、実は声を出さなくても思うこと、思念することができます。ヨーガで最も高度でパワフルなのは声を出さずにマントラを唱えることだと言われています。


そういえば、全く無音の曲、というのがありましたよね。ジョン・ケージの4分33秒。あれを初めて聴いた時は衝撃でした。


なんだか話がどんどんそれていますが(笑)

とにかく、今回のバースセレブレーション~生命誕生の祝祭、本当に素晴しい時間になりました。ご参加下さったみなさまどうもありがとうございます。

みなさん全員に感想を伺っていませんが、この写真の笑顔を見る限り、きっと良き経験であったことは間違いなさそうです。みんな超いい笑顔!!

何かがつるんと剥けた感じ。私もここで生まれる度に若返っていく気さえしています(笑)


私もそうだったんですが、初めて参加する時には、とてつもない得も言われぬ恐怖心が湧き上がってきて、参加することをやめようかと思い悩んだものです。

それもそのはず。先ほど書いた通り、この人間の根源の喜びの裏には同じ大きさの恐怖があるんです。私たちは、フォーカスしたものを大きく体験しますから、恐怖ばかりにフォーカスをしたらたぶん恐くて参加できないと思います。

しかし、これは自然の摂理で、陰と陽、ネガティブとポジティブ、愛(喜び)と恐怖は、同じだけ存在します。ネガティブだけを無くすことはできないし、無くならないんですよね。

ネガティブを排除するような風潮が一時ありましたね。今でもあるかも知れません。でも無理にネガティブをポジティブに変換して捉えようとすることは、自分に本当の意味で繋がっているとは言えません。ネガティブがあることをありのまま見て、認められたとき、そこにあっていいのだと認めた時、その裏に存在するポジティブに気づけるんです。そしてフォーカスの先を意識的にポジティブに変換するというようなものです。もちろん、これはものすごく簡単に説明すると、という感じですけれど。


このことは、文字で読んで思考でとらえて理解するという事だけでは、もしかしたら足りないかもしれません。実感として府に落とす為には、こうした心と体を使うワークがとても効果的だと思います。

次回の開催はいつになるかわかりませんが、もし気になっている方は是非お問合せ下さいね。お待ちしていますね~♪


さて、2019年も今日でおしまい。

今年令和元年は私にとってはゼロリセットの年でした。

新しく生まれた私は、2020年「明るく軽く」をモットーに

生きることを思いきり楽しみたい!!と思います。


ここからはじまる!!


Om santih santih santih


Tomomi




64回の閲覧
  • Instagram

YOGA NAADA

be natural, be simple...

yoganaada@gmail.com

♦♢♦♢Since2009♢♦♢♦