検索
  • tomomi

ヨーガは歯磨きみたいなもの。


ヨーガが趣味になってない?


以前私がヨーガのティーチャーズトレーニングに通っていた時に、先生に言われた言葉。

その当時は、まさに私にとってはヨーガが楽しみみたいになっていた時代。図星過ぎてグサッと刺さったものの、

え?それじゃダメなの??

と、その言葉を素直に受け止められずにいたのを覚えています。でも今ならばその言葉の意味がよーーーーーく解かるし、納得できる(笑)

当時は、ヨーガを学んでいて、その学びが楽しすぎてそれ以外の事は考えなかったし、もちろん時間もお金もヨーガにつぎ込んでいたというのもあって、ヨーガが生きがいみたいになっていました。

もちろん、深く学んでいる時にはそれも必要だけれど、ヨーガの目的はそもそも自分の本質とのつながりを取り戻すこと。最終的にどこを目指すかは人それぞれで良いと思うけれど、ヨーガスートラ(ヨーガの教典)に書かれている最終的なヨーガのゴールは、解脱であり本来の意味の自由を取り戻す事。ここで言う「解脱」や「自由」については、簡単に説明できるようなことでもないので、ここでは説明することは控えておきます。本質との繋がりをとりもどす、という方が理解しやすいかもしれません。


学びが深まるに伴って、気づきや悟りを繰り返し経験するうちに、徐々にその時先生が言っていた意味が理解できるようになったんです。


私たちの本質に一番近い感情は、愛と喜び。愛や喜びを感じられること、もっと言うと愛や喜びを生きることこそが本来の姿なんです。ヨーガというのはそこに到達するまでの道であり道具であり習慣のようなもの。


スピリチュアルな探求をされていらっしゃる方々は、ヨーガに限らず様々な方法でそこを目指していますよね。道はヨーガひとつではないです。

ただ、そこを目指して道を進んでいく上で、必ずと言ってよい程経験することがあります。


目標を見失ったり、

暗くて先が見えずに恐怖心に負けそうになったり、

自信を失って引き返したくなったり、、

一度解放されて軽くなったと思っても、また重たくなってしまったり

一度重くなるとそこから抜け出すのに時間がかかったり、、


みなさんひとつや二つは経験があるのではないでしょうか?

もちろん私もあります。


本質との繋がりをとりもどす旅は、内なる旅です。

これ実は案外恐怖。想像以上に苦しいこともありますよね。

自分自身の認めたくない側面と向き合うことになるし、それを認めて手放さなければその先に進まないんです。気づきと悟りというのは、こういう事。これを何度も何度も繰り返していく事です。

これって、結構キツイです。

不安になったり、恐怖で乱れた心や感情を常にニュートラルな場所に引き戻し、リセットしてくれる、そんな役割をしてくれるのがヨーガなんです。


このリセットする為のツールとして本当に助けになるのが、「呼吸」。


呼吸を整えることが何よりも効果的だと、私の今までの経験からハッキリ言えます。

もっと言うと、呼吸法以上に最強なのは「マントラ」です。

これが一番早いんですよ。

本当に早い。


先日ある友人が、心が大きく乱されるような出来事があり、なかなか自分を取り戻せずに、その方にとってのスピリチュアルリーダーの方の記事を一生懸命読んで自分を取り戻そうとした。と言っていたことがあります。


もちろんそれも良いのかもしれません。

でも、「読む」そして「理解しようとする」という行為って、「マインド」が働きます。

この「マインド」の動きを集中に導きニュートラルにすることが大切なのですが、「読む」という行為によって集中はするかもしれませんが、「理解しようとする」という時、マインドはニュートラルにはならないんですよね。

思考が働きますから、時間がかかると思います。


呼吸に集中したり、ただ音を唱えるマントラは、思考を鎮める方向に導きます。


この違い、文章だけで伝わるでしょうか?

実はこれ、とってもキモなんですよ。

ヨーガのキモ。


巷では、アクロバティックなヨーガや、ダンスチックなヨーガが流行っていると、先日生徒さんから聞きました。俗世間の流行に疎い私は初めて聴いて、びっくりしました(笑)

時代とともにそろそろヨーガ界も方向転換しているのではないかと、勝手に思っていましたがそんなことはなかったみたいです。

もはやそれは「ヨーガという名のスポーツ」ではないかと感じます。


名前は「ヨーガ」かもしれないけれど、「ヨーガの本質が抜け落ちている」


もちろん、それが楽しくて、それがやりたくてやっているのであれば何の問題もないんです。選択は自由なんです。


ただし、本当の意味で、ヨーガをしたいのであれば、一番大切なのは「呼吸」です。

もちろんそれだけではないけれど、ヨーガをしていて呼吸が乱れるようであれば、それはヨーガではないです。


本来のヨーガは呼吸を整え、マインドを整える為のツール。


そして私たちを本質との繋がりへと導くものです。


これからの時代は皆さんご自身が意識的になって、何が自分にとって必要なのかを見極めて選択していく事がとても大切です。

もし今やっているヨーガが本質との繋がりから遠ざかっていると気づいたのであれば、一度立ち止まって見直すことはとても大切だと思います。


「意識的になる」のです。


自分にとって本当に必要な事を選ぶとき

私が今基準にしていることは、

心地よいこと

自分が一番自然でいられること

シンプルなこと

喜びがあること

わくわくすること

楽しいこと


「頑張らない」というのも大切な見極めのポイントかもしれません。


本当の意味で本質に近づき始めると、喜びや愛が開き始めます。その時、自分が一番好きな事、自分にとっての本当の喜びが何なのかがわかってきます。

先生はきっと、このことを伝えたかったのだと思うのです。

本当の喜びと繋がってねって。そしたら、もはやヨーガは趣味ではなくなり、新たにやりたい事、触れたい楽しみ、自分が一番時を費やしたいと思うこと、いくらやっていても飽きないなぁと思うようなこと、そんなことが見つかるのかもしれません。


そして、ヨーガは毎日毎日する歯磨きのように

私たちの揺れ動く心をニュートラルにリセットしてくれる習慣のひとつ。

心の歯磨きみたいなものですね。


ヨーガが日常のなかでこんな存在になれたら、良いと思うのです。


今、スピリチュアル業界が熱くて、ありのままに生きよう!とか、今までの古い周波数を手放そう!とか、ゼロポイントに立とう!とか、本当に様々な方が様々な方法で目覚めようと促していますし、実践していらっしゃる方も多いと思います。


その中で、ヨーガをすることが、呼吸を意識的に整えることが、本当に助けになると思っています。実際に私がそうでした。


呼吸とは究極の無意識です。


呼吸と繋がることは、「無意識を意識的にする」ことなんです。


私は以前にインナーチャイルドセラピーを受けましたし、並木良和さんの統合ワークも実践しています。その中で、揺れる感情や思考を感じながらも、自分の軸を常にニュートラルの位置に戻す為に、ヨーガがとても役に立っているんです。


全てのスピリチュアル実践者のみなさんに、ヨーガを歯磨きのように毎日の習慣にすることを心からおすすめしたいです!!


みなさんの内なる旅が

光へと導かれますように。。


Om santih santih santih


Tomomi



0回の閲覧
  • Instagram

YOGA NAADA

be natural, be simple...

yoganaada@gmail.com

♦♢♦♢Since2009♢♦♢♦