検索
  • tomomi

じぶんの世界から鬼が消える?


鬼は外、福は内~


今日は節分ですね。

もう日付がかわったから昨日か(笑)


最近私も環境が変わることがあり、

1月は、新たな出会いや人間関係がはじまったひと月でした。


そしてつくづく感じているんです。

出逢う人、関わる人たちが、

素敵な方々ばかりなんです。。。


今までの人生の中ではいたんです。

鬼みたいな顔して竹刀をもってる先生(時代がばれますよね 笑)とか、

大きな声で怒鳴る上司とか、



ニコニコしながら(目は笑ってなかったかも)嫌味を言う先輩とか。。。


ヨーガでは、


「自分の外側の世界に起こる現象、事象は、すべて自分の内側を映し出す鏡だ。」


という教えがあります。

という事は、自分の周りに嫌な人、恐い人、鬼みたいな人が現れるとき

自分の内側にある何かがそれを外の世界に映し出しているだけ。

自分の内側に、認めたくない嫌な部分、恐怖、怒り、などがあるという事なんです。


外の世界ばかりに目を向けているときには

起こっていることはすべて外の世界に原因があると思い込んでいますよね。

でも外の世界が360度ぜーんぶ鏡だったとしたらどうでしょう???


そこに見えている世界はすべて自分が写っているだけ。。。


鬼は外って、外の世界に見えている鬼に向かって豆を投げて退治しても、

その鬼は忍者の影武者みたいなもので

本物は自分の中にいるから、影武者たちは何度でも何人でも現れるんですよー!!

マトリックスのMr.スミスを思い出します。

(映画マトリックスをご存知ない方は、是非観てみてくださいね。)


嫌だなぁと思う人から逃げても、また同じような人と出逢うってこと、ないですか?

毎回同じようなタイプの彼と付き合って、同じような理由で別れる、とか?

私はありました。まただー(涙)って。


本当にその鬼を退治して、内に福をもたらしたいのならば、

自分の内側に目を向ける必要があるのです。

そして、そこに認めたくない恐怖心があったとしたなら

目をそらさず向き合い認める勇気が必要です。

そして認めるともう必要なくなるので手放せます。

すると、不思議と外の世界からもなくなる。


360度鏡なんです。


逆に言うと、自分の内側がいつも豊かでハッピーで喜びに満ちていたら

そういう現実しか起こらない。。。

その為に、私達が退治すべき鬼は、

私達自身の内に存在しているんですよね。

このことに気づいているとしたら

もう大丈夫です。

あとは実践あるのみ!!!


内なる鬼と向き合うとき。

全ての人の内には、こうして外の世界に見えている、太陽が存在しています。

こんなに美しい輝きを、私達みんなが秘めているんですよね。

素敵でないわけがないですね。輝いてあたりまえです。


太陽を見えなくするのは雲。

ヨーガでは、この輝きを隠す雲の事をクレーシャと呼び、

様々な方法で、このクレーシャを手放していきます。


意識的に自分の内側に目を向けることを習慣にしてみると、

世界の見え方が少しずつ変わってくるかもしれません。


節分で豆まきをした後に

必ず自分の歳の数だけおまめを食べますよね。

あれはもしかしたら、内側の鬼に捧げる豆だったのでしょうか。。

昔からの風習などには、真理が込められていることが多いですよね。

と、、これは私の素朴な疑問です(笑)

何故豆をたべるのか、知っている方がいたら教えてください~♪


今日は最後に太陽のマントラをご紹介しますね

マントラは音です。

音はヴァイブレーション。波動です。

マントラを自分の声で唱えて、自分の内側に響かせると

自分自身の波動がそのマントラの波動に変容します


太陽のマントラを唱えたら

太陽の波動になるんです


太陽のマントラは色々あるのですが、その中のひとつ。


スーリヤーヤ ナマハ


昼間の力強い太陽の音です。

言葉のように呟いても良いですが、

マントラは正しく唱えるほどによりパワフルに作用しますので

唱え方など詳しく学びたい方は是非一度体験クラスにお越しくださいね~


一緒にマントラを唱えて

どんどん輝いていきましょう!!!



Om santih santih santih


Tomomi














60回の閲覧
  • Instagram

YOGA NAADA

be natural, be simple...

yoganaada@gmail.com

♦♢♦♢Since2009♢♦♢♦